東京都台東区谷中通称へび道沿いの古本屋です

猿 澤 塵外


販売済みです。

猿のあれこれをまとめた小冊子をふくらませて1冊の本にした私家版。
よく読んでみると,亡くなった息子が猿好きだったのが元の小冊子製作のきっかけとあります。
息子の供養のために猿の本を作るというのは,なんだかほろりとさせられます。

図版多数掲載しておりますが,どこかで見たような写真もちらほら。私家版ゆえに無断転載もかなり行われているようにも思われます。
下の写真は同好の士から送られたもののようです。

2012/03/08

category: 在庫品紹介

Leave a Comment